【現役エンジニア説得】エンジニアがデザインを学ぶべき11の理由

  • ブックマーク
  • -
    コピー

 私は、時にコーディングと問題解決が大好きなモバイルおよびフロントエンド、そしてデータサイエンスに熱心なクリエーターです。

大将

ものづくりは楽しい本当に。だから、おれは全部やる。そのほうが生きている感じがするよね。

 開発者はデザインを学ぶ必要がないと思いますか?  それともエンジニアにもデザインができると思いますか? そして、エンジニアはデザインを学ぶべきですか?

 ソフトウェア開発は、あなたが思っているよりもグラフィックデザインに近いです。どちらにも、創造性、技術的知識、ユーザーの理解、情熱が含まれます。 基本的なデザインスキルやデザイン思考の知識がないエンジニアであるということは、見た目も感じも良くない機能的に素晴らしくない製品を作りがちというだけでなく、人が使用したいと思わないものを作ってしまうでしょう。

大将

エンジニアがデザインを学ぶべき11の理由をご紹介いたします。

唯一無二のスキル

 デザインができる開発者は最強ですね。デザイン思考に従い、基本的なデザインスキルさえ持っていれば、あなたはの製品開発にその知識とスキルを反映させることができます。あなたがあなた自身の製品やスタートアップを所有しているなら、尚更です。

製品の見た目と感覚をより細かくコントロールできる

 私はあなたのことを知りませんが、デザイナーが画面で個別に作業するよりも、製品の全体的な感触をより細かくコントロールしたいことは知っています。デザインと開発の工程が分離していると、なかなかデザインを開発に100%伝えることも難しいわけです。そのコラボレーションがうまくいかない場合もありますよね。そのときこそ、デザイン×開発の力が発揮されます。

大幅な時間の節約ができる

 デザイナーにやりたいことを伝えてやり直すのではなく、自分でもう一度やり直してください。デザイナーに十分に伝えられないことや、小さな改善は何度も何度も行われます。 これらを自分で行うことができれば、時間を大幅に節約できます。

創造性を高める

 デザインの創造性は開発の創造性を高めます。 デザインを勉強することで、あなたはこの新しい感性と脳のアップグレードができ、周りのものから学び、それら全てをデザインに適用することで、全く新しいものを作り出せます。製品を大幅に改善できます。物事、特にユーザーのインタラクションやUXについての新しい視点を提供できます。
 それだけで見える世界が広がるとワクワクしてきませんか?

自分で製品全体に取り組むのは楽しい

 これは個人的な感想になってしまってますが……。

 私のことを奇妙だと呼んでくれてもいいです。一つのことに注力したほうがいい、そのほうが効率もいいなどとアドバイスしてくれる投資家や社長さんたちも私の周りには多いです。しかし、私は、全員が自分たちでやればもっと良いことができたはずだと思っていますし、そのほうが楽しいからやっています。そのため、開発を行うときにフルスタックをを学び、データサイエンティストとしても活動しているにもかかわらず、まだ満足できず今はデザインを学んでいます。

▼デザインについてより詳しく学びたい人はこちらの記事がおすすめ!

【5分で学習】人とテクノロジーを繋ぐインタラクションデザインの6つの原則
【5分で学習】人の感情に訴えかけるデザインの3つの要素
【知らないと損】あなたのウェブサイトのデザインを良くする10個の秘訣

素晴らしい製品への道

 あなたは驚くほどほどエレガントで美しい外観のアプリや製品を何回見たことがありますか? そのような製品を作って所有したいと思いませんか? デザインスキルを身につければ、それらを自分の手で実現できるのです。

ユーザーを理解できる

デザインは、ユーザーに寄り添うもの。

 建物のから抜け出し、ユーザーが何を望んでいるかを学びましょう。
 デザイン思考は、ユーザーの製品やコンセプトに対するインタラクションとUXを理解するのに効果的です。これとデザインにより、ユーザーが本当に必要としているものを構築できるようになります。

投稿やブログを作成するときの便利さ

 投稿やブログの画像やイラストが必要になることがよくありますが、これらを外部委託するのはあまり意味がないかもですね。
 初心者はCanvaを試してみればいいと思います。私はInkscapeを利用したりして、画像を自分でデザインし、より詳細にカスタマイズしたりもします。

大将

Canvaの使い方の特別講義もSUNABACOで行ってますよ!

デザインへの新しいアプローチ

 あなたのデザインに新しい視点をもたらすかもしれません。

デザインと開発は密接に関連している

 これは、ユーザーを幸せにする製品を提供するにあたって、絶対的なルールです。
 デザインと開発は密接に関連しています。特にフロントエンド開発なら尚更理解しておく必要があります。

 

製品を目立たせる

 目に心地よく優れたデザインが、製品を際立たせます。たくさんの製品がありますが、ユーザーが必要とする素晴らしい機能が備わっていても、それらをだらしなくさせるデザインが組み合わされば、悪い意味で製品が目立ってしまうかもですね。

 機能とデザインは関係していますから、違うものとしてではなく、デザインもその一部として取り組んでいきましょう。

もし、デザインとプログラミング、そして仕事に対するマインドの全てを学習したいのなら、まずSUNABACOにきてください!
 プログラミングスクールは5万円から、デザインスクールは7万円で、1~2ヶ月で新しい人生を切り開くことができます。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

大将

大将

エストニアの国立大学、タリン工科大学在学中に現地案内事業で起業。大学院では文学の数値解析の研究と小型人工衛星研究開発チームに所属。データサイエンティストとしてさまざまなプロジェクトに関わり、現在はフロントエンドの開発やVR教育やVR美術館などの創作や事業を行っている。元テニスコーチ。