いますぐやめるべきリモートワークの間違った働き方

  • ブックマーク
  • -
    コピー

 コロナの影響でリモートワークという働き方が一気に日本中にも広がっていきました。
しかし、リモートワークという働き方に慣れていない人が現状ほとんどであり、自宅で働くとなるとだらけてしまう、あるいは、自分を管理する方法がわからないという人がほとんどではないでしょうか?

 実は、生産性に関しては、オフィスで働くよりも在宅の方が、最低でも1.0 – 1.5倍以上は向上するということが研究でも報告されています。在宅では集中できない!という人もです。つまり、多くの人はオフィスで仕事をしていると勘違いしていて、集中していない人がほとんどということですね。

自己管理って難しいですからね…

 家にいるとオフィスにいるときと違って、上司や同僚が仕事の邪魔をすることがなくなります。それがどれだけ生産的になることか!
 確かに、在宅勤務はすべての人に適しているわけではありませんが、工夫によっては在宅勤務が苦手な方でも良いものになることでしょう!

 ワクチンの展開が加速し、労働力の大部分が今年のある時点でオフィスに戻る可能性が高いため、多くの人は、通常に戻るかもしれませんね。 しかし、パンデミックが発生する前にはなかった数十万人の在宅勤務者がいまだに存在しているのは事実です。つまり、あなたは、リモートワークをステップアップして、もっと良くなる必要があります。
 この記事ではリーモートワークをより良いものにするための4つのルールをご紹介いたします!

一日中パジャマでいるのはやめよう

 多くの人が良くないと知っていて一日中パジャマで在宅ワークをしたことがあるのではないでしょうか…スーツを着てネクタイをしなければならないと言っているのではありません
 一日中寝具を着ていると、心も体も魂も助けられず、真剣に取り組めなくなってくる、あるいは美意識も下り、やる気もなくなったり、心が貧しくなっていく気がするのです。

 フォーマルである必要はありませんが、「勤務時間」と「オフタイム」の境界を非常に明確に設定する必要があります。そのための優れた方法は、それに応じた服装をすることです。座って仕事をする前に服を着替えると、周囲が変わったと信じ込ませるのです。そして、自分が実際よりも精査されていると自分を騙すことが、在宅勤務の重要な部分だtたりします。在宅勤務のときは一日中パジャマを着ているだけだと言う人が多いのではないでしょうか。

自分が家にいることを忘れない

 あなたの家があなたのオフィスであるとき、それはあなたがいつもオフィスにいることを意味します。 結局のところ、やるべきことは常にいくつかあり、注意しないと、起きている時間すべてを費やしてしまいます。一日中仕事をしてしまうんですね……。

 仕事中毒や燃え尽き症候群と関係してきてしまうことすらあります。問題は、あなたの家があなたのオフィスであることを覚えていないことです。 自分で自分の時間や空間をコントロールするように意識するしかありません。オフィスに出社して出社時間が決まっていれば、代謝の瞬間に仕事から切り離せますが、あくまでそれは自分をシステムの中に置いているだけで、在宅の場合は、自分でシステムを構築する必要があります。

明確なスケジュールを設定する

 毎日、何があっても仕事をやめる時間を設定する必要があります

スケジュールは一日を有意義に無駄なく過ごすことには不可欠ですね!

1日を時間ではなく、タスクの観点から考えることをお勧めします。一日の始めにリストを作成します。 決められた時間前にすべてのタスクを完了できれば、すばらしいですよね。本を読んだり、ビデオゲームをしたり、デートしたりする時間があります。 ただし、何があっても、その設定時間を過ぎたりタスクのリストに追加したりしないでください。 そうでなければ、あなたはただ止まらずに、仕事をし続けるでしょう。

外に出る

 これは、パンデミックの場合でも不可欠です。在宅勤務の人々は、画面にすぐに利用できるすべての情報があることを知っているゆえに、玄関先に大きな世界があることを忘れてしまいがちです。

外に出ましょう!

Webエンジニアやデザイナーは、リモートワークのしやすい仕事です。1, 2カ月でプログラミングやデザインを勉強して、リモートワークを始めませんか?

▼話を聞いてみる!
https://sunabaco.com/

 

  • ブックマーク
  • -
    コピー