【知らないと損】より速くより簡単にウェブ開発をするための便利な14のツール

  • ブックマーク
  • -
    コピー
大将

web開発をしていると、イライラすることってよくありますよね。

 オンラインツールを使えば、仕事を少し速くそして速くすることができます!

Metatags.io

 このツールを使用すると、Google、Facebook、またはTwitterで表示したときのWebサイトのプレビューをテストが確認できます。ウェブサイトのタイトル、説明、画像は、訪問者が見ているとおりに表示されるので、user目線でプロダクトの確認ができます。
 また、ウェブサイトを変更せずに、画像をアップロードして、ウェブサイトのタイトルと説明タグを変更することもできます。

ExtractCSS

 こちらはHTMLドキュメントから要素ID、クラス、およびインラインスタイルを抽出し、CSSスタイルシートとして出力することができます。HTMLを入力するか、コピーして貼り付ける以外に何もする必要はないのです。このツールで作業を完了できちゃう。

WhatRuns

 これはかなり便利です! このツールは、使用されている他のサイトのテーマ、プラグイン、サーバー情報を確認するのに役立ちます。 WhatRunsは、コンピュータのメモリに多くのスペースを占有することなく、FirefoxとChromeにインストールできます。

Unminify

 JavaScript、CSS、HTML、XML、JSONコードを最小化(解凍、難読化解除)する無料のツールで、読みやすくきれいできるツールです。

Octotree

 この拡張機能は探索に使えます。探しているものが正確にわかっている場合は、キーボードの「T」を押して、リポジトリ内のファイル名をすぐに検索することが可能です。 時間の節約に役立つでしょう。

Web Developer Checklist

 webサイトを開発するときに、忘れがちなことってありますよね? このチェックリストを使い始めると、フロントエンドのSEOからモバイルまで、Webサイトでチェックすべき重要なことを常に思い出させてくれます。

Web Developer Form Filler

 このツールは、開発者がフォームの機能をテストするのに役立ちます。 これにより、必要な詳細を入力する時間を節約できるだけでなく、より迅速に行うことができます。

EditThisCookie

 Web開発者にとってなくてはならないものです。Cookieの編集などを簡単に行うことができるツールです。 あなたが行うことは、クリックするだけです。

GTMetrix

 特定した問題を修正すると、サイトの速度が低下している原因を特定し、コンバージョンを増やすことができるツールです。 場合によっては、問題がサーバーに関連する場合や、問題が超大型画像、コードの問題に関連していることがあり、それらの解決に役立つかもしれません。

Google Page Speed

 このツールを使用して、ページの読み込みが遅くなる原因など、改善が必要なバックエンドの問題がないかWebサイトをスキャンしてみましょう!

Browserling

 これを利用すると、Opera、Chrome、Firefoxなどのさまざまなブラウザで任意のWebサイトを表示できます。ブラウザによって表示が異なるので、確認は必須ですよね。また、WindowsやAndroidテクノロジなど、アクセス元のオペレーティングシステムを変更することもできます。

Responsively App

 このブラウザは、さまざまなデバイスでWebサイトがどのように表示されるかを一度に確認できます。一度にさまざまなデバイスでWebサイトをチェックするには時間がかかります。それを一度に行えるというのは便利ですよね。

フロントエンド開発に役立つ11個のツールについては、また紹介いたします。

Compressior.io

 携帯電話とデジタル一眼レフカメラでキャプチャされた画像を縮小できます。デフォルトでは、ファイルサイズが1MBを超えており、画像としては重くなりがちです。 品質は変えずに、サイズを変えたいですよね。
 このツールを使用すると、JPEG、PNG、SVG、GIF、およびWEBP画像をオンラインで最適化および圧縮できます。

DrawKit

 Webデザインで無料のベクターイラストを探しています。 これらのデザインは綺麗でプロフェッショナルであり、誰もが使用できるWebサイト向けに設計されています。

 少しでも皆さんの役に立つことができましたら、光栄でございます!

 SUNABACOデザインスクール募集しております!1ヶ月でプロのデザイナーになれる徹底したプログラムです!しかも料金は超お得!まずは相談!

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

大将

大将

エストニアの国立大学、タリン工科大学在学中に現地案内事業で起業。大学院では文学の数値解析の研究と小型人工衛星研究開発チームに所属。データサイエンティストとしてさまざまなプロジェクトに関わり、現在はフロントエンドの開発やVR教育やVR美術館などの創作や事業を行っている。元テニスコーチ。