今更聞けないPWAについて、初心者にもわかりやすく3分で解説!

  • ブックマーク
  • -
    コピー

 モバイルサイト改善を考える上で、「PWA」は最も注目されている技術の一つです。
 PWAとは、Progressive Web Appsの略称で、モバイル端末でウェブサイトを表示するときに、ネイティブアプリのような動作を可能にする仕組みのことです。Webサイトが、スマートフォン上でネイティブアプリのように動かせます。
 ネイティブアプリのように、インストールの必要はありません。しかし、ホーム画面へのアイコン追加やプッシュ通知も可能で、まるでネイティブアプリを扱っているかのようです。読み込み速度や表示の高速化、オフラインでの利用、GPSを使った現在地取得と利用まで可能です。しかも、アップデートにstoreの申請も必要ありません。

 まだまだ導入しているサイトは少ないようです。早めに取り入れることで他社と差別化することもできるでしょう。

 Androidのシェアが高い海外では、すでにPWA対応のサイトはかなり増加しています。日本でも今後同じような流れがくるでしょう。

ユーザーにとってのメリットは?

 PWAには、インストールの必要がなかったり、高速で表示されてありとさまざまなメリットがあります。

すぐに目的のサイトにアクセスできる

 スマホのホーム画面にアイコンを追加することで、目的のサイトにすぐにアクセスすることができます。

閲覧時のストレスがない

 表示速度が速いため、ユーザーの閲覧のストレスが少ないのが、大きな特徴と言えるでしょう。オフラインでもサイトの閲覧が可能なのは、便利ですよね。

https://www.scorchsoft.com/blog/how-to-create-progressive-web-app/

PWAサイトを1つ作ればすべてのデバイスで使える

 ネイティブアプリの場合、iOS用のアプリはiOSでのみ動作し、Android用のアプリはAndroidでしか動作しませんよね。開発を行う場合は、開発コストが単純計算で2倍になります。

 Webアプリ、ネイティブアプリとは?を解説しております!

 しかし、PWAの場合、iOSとAndroid、両方のデバイスで使うことが使うことが可能なのです。開発に関してもメリットがあるんですね。

 PWA導入成功事例!

 

Webサイトから直接インストールできる

 PWAはウェブサイトから直接ダウンロードすることもできます。

 ストアなどを経由することなくインストールが完結します。サイトを閲覧していると「ホーム画面に追加」というポップアップが出たりして、そこからスマホに追加することができます。そのあとは、ホーム画面から直接アクセスしたりすることができるので、手間が省けますね。

PWAを導入する際の注意点

 すでにネイティブアプリを開発してしまっている場合、管理の手間が増える可能性もあります。
 また、PWAは、httpsを前提にした技術ですので、SSL化が必要になります。最近は、どのサイトもhttpsを扱っていることがほとんどですが、httpの場合は、SSL化が必要になりますので、注意してください。

まだリリースしていないなら、 PWAを考慮してもいいかも

 PWAは、iOSとAndroid両方に対応できる上に、表示スピードやオフラインでの利用など、多くのメリットがあります。閲覧のストレスも低く、ユーザーにとっても使いやすいです。まだ、アプリのリリースをしてない場合は、試してみるのも良いでしょう。

 

 

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

SUNABACO

SUNABACO

はじめるあなたと、いっしょにいます。