【SUNABACO高松トークイベント】どんな時代でも生き抜く力をつける

  • ブックマーク
  • -
    コピー

2022年4月29日(金)中村マコトによる特別トークイベント「どんな時代でも生き抜く力をつける」をSUNABACO高松で開催しました。

このトークイベントはYouTubeで公開中です。

中村マコト

株式会社SUNABACO代表取締役(詳細はこちら

スピーカー

シリアルアントレプレナー
アクセラレーター
UXデザイナー
テクノロジストとして数々のスマートシティ、
シビックテックなど先進プロジェクトをリード。
日本最大級のプログラミングスクールSUNABACO代表として、
リカレント教育、次世代の教育に関わる。

Profile Picture

ストックでなくフロー

変化が激しい時代の今、お金に対してどのようなイメージを持つ事が重要なのでしょうか。

中村

変化が激しい時代で大事なことはストックでなくフローなのです。お金はポンプのように循環させる必要があるのです。例えるならば、目の前の川の水の流れを太くするイメージです。

中村

お金を溜め込む事が重要なのでなく、お金を稼ぐフローを生み出し稼ぐ力が必要になります。

可処分時間はなぜ大事なのか

中村

人が最初に持っている資産は、時間信用のみです。すべての稼ぎのもとは、時間を使って何かを生み出す事から始まります。時間を使う上で有効な事をしているかどうかが大切になります。

“頑張っている”という言葉に関して中村はこのように話します。

中村

頑張っているのにという言葉は、魔物です。頑張っているという言葉に溺れず、有効な事ができているかどうか自らを監視しましょう。自分を認知する事がとても大事なのです。

お金を稼ぐな信用を稼げ

中村

コンサルティングを例に出すと、多くの人が相手からお金を得る事を考えてしまいますが、大切なのは結果を出すことです。結果を出し信用を得れば、段々とお金に変わっていくのです。

中村

すべてのお金のやりとりは信用からなるのです。お客さんの利益を最初に優先すべきで、手前の利益を狙わない事が必要になるのです。

自らの強みを伸ばす

中村

ミスをせずに、同じ事を繰り返す事が昔は大切とされていました。しかし時代が変化するにつれて、個性を活かす事が大切とされてきています。

欠点を治す事が多くの人にとって、大変な中でどのように欠点と付き合っていけば良いのでしょうか。

中村

欠点を治すのは大変な中で、自らの良い所を伸ばして欠点を補うことが大切になります。欠点はチームワークで他のメンバーが補えば良いのです。

答えのない変化の激しい時代を生き残る

中村

自分の得意な事は人に言われて気づく事が多いのも事実です。なぜなら自分が得意としている事は自分では当たり前にやれることだからです。

中村

その中で、自分が得意な事をして社会にどのように価値を出し、対価を頂けるのか意識する事が大切です。

答えのない時代で意識すべきポイントがいくつかある中で、特に大事なことはどのような事なのでしょうか。

中村

情報収集を常に行いデータをもとに、物事を考える事が必要です。加えて自分がどのようになりたいのかビジョンを明確にしなければ基本的に生き残っていけないのです。

トークイベントの終盤では、参加者の方からの質問に直接その場で答える場面もありました。

参加者の方

今回なぜこのテーマでトークイベントを開催したのですか?

中村

Twitterで多くの方がこのような悩みを持っているのを見たからです。高松のこのコミュニティは、個性がある方が多い中でその個性の活かし方に迷っている方が多くいると感じた事も理由です。

参加者の方

自分が無駄な事をしていないか、判断する上で大事な基準はありますか?

中村

感情を絡めずに自分の心な中を覗く事が大事です。加えて、心の中を覗く時に素直に自分の悪い所を認める事が必要になります。

みんなのツイート

  • ブックマーク
  • -
    コピー