大盛況!しゃべれる風English講座を開催しました!

  • ブックマーク
  • -
    コピー

 プログラミング×英語というスキルセットは、今や一つのトレンドであり、多くの人の憧れでさえあります。

プログラミングは英語の文献が圧倒的に多いので、英語での検索や読み書きに慣れておくだけでも、プログラミング学習が非常に有利になります。

 今回は週末イベントということで、「一日でしゃべれる風になるEnglish講座」を開催いたしました。

しかも参加者がなんと60名以上!!!! 週末イベント最大級の参加者人数となりました!!

 英語力を上げる場合は、一日だけではなく毎日の学習が欠かせません。ただ、その勉強法や意識の違いなどを中心に一日で講義をいたしました。

日本人は英語が下手くそなわけではない!

 日本人は英語が苦手という意識が強いです。
 外国人に急に英語で話しかけられてしまうと、学校で10年近く英語を学習しているにもかかわらず、怖気付いてしまい、何も話せなくなってしまう。

「日本人は英語が下手だ!」と誰かに言われたわけでもないのに、自ら英語が下手だ、苦手だと言ってしまう。

しかし、そんなことはありません。

 日本人はむしろノンネイティブの外国人より複雑な単語を知っているし、文法も的確だったりします。受験英語で何千もの英単語を暗記し、関係代名詞や分詞などの難しい単元を試験のために学習する。それは全く無駄ではありません。

文法なんて意味ない!っていう人がいますが、最新の研究では、英文法を学習した方が後々の英語力が大きく伸びると報告されています。

 日本人は別に英語のレベルが低いわけではなく、会話での使い方がわかってないだけ。ということです。
 そのために、知っている単語や表現を色々な場面で使える方法について講義させていただきました。

 たくさん覚えて100mをメドレーで泳ぐのではなく、25mをバタ足で泳ぎきる感じ。それで比較的英会話の初歩はマスターできます。もちろん単語をたくさん覚えることも大切ですが、それ以上に今知っている単語や表現をいかに汎用的に使えるかが鍵です。

 今回は、汎用的に使える英会話表現やcouldやwouldの違いなどのスキルフルな話まで1日で学習しました。

 受講者からは「英語が簡単に思えるようになった!」「恐怖感がなくなった!」などの声が多く、また今度開催したいと思います。

 今回参加できなかった方は、また次回、お会いいたしましょう!!

  • ブックマーク
  • -
    コピー