知らないと恥ずかしい?覚えるべき常識のショートカットキー一覧

  • ブックマーク
  • -
    コピー

 仕事をより効率よくこなすためには、作業自体の見直しも重要ですが、一つ一つの作業のスピードと正確性をあげることも大切です。

 特にPC作業においては、さまざまな効率化の方法が共有されております。
 タイピングのスピードに関しては、ある程度鍛錬が必要とされますが、もう一つショートカットキーと呼ばれるものがあります。こちらは覚えておくだけで、日頃の煩雑な作業を一瞬でこなせるようになるくらい強力なものですので、ぜひこの機会に覚えましょう。

ショートカットキーとは

 ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコン操作をする際に、コマンド入力によって操作を効率化できる機能です。

 代表的なものとしてはコピー&ペイストなどがありますね。

 多くの人は、コピーしたい文章やファイルを選択し、マウスの右クリックからコピーして、再び右クリックして貼り付けをすると思います。

 いちいちタブを開いてコピーとかするの、めんどくさいですよね。

 そこでショートカットの登場です!

使えるショートカットキーの例

以下、Windows / Mac でそれぞれのコマンドを表しております。

Ctrl + A / Command + A 全てのテキストやセルを選択する
Ctrl + P / Command + P 印刷プレビューを表示する
Ctrl + C / Command + C 選択範囲をコピー
Ctrl + V / Command + V コピー・切り取りしたものを貼り付け
Ctrl + X / Command + X 選択範囲を切り取り
Ctrl + S / Command + S ファイルを保存する
Ctrl + Z / Command + Z 直前の操作を元に戻す
Ctrl + Shift + Z / Command + Shift + Z 元に戻した直前の操作を、再び元に戻す
Ctrl + F / Command + F ページ内のキーワードを検索
Ctrl + N / Command + N 新規タブの生成
Ctrl + R / Command + R ページの再読み込み

繰り返し作業はショートカットできるか確認しよう

 上で紹介した例は、あくまで数あるうちの一部です。初心者の方は、この辺から覚えていくと良いと思います。
 また、それぞれのツールによってもショートカットは存在するので、繰り返す作業があるなと感じたらショートカットが存在するか確認してみましょう。

 

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

SUNABACO

SUNABACO

はじめるあなたと、いっしょにいます。