【メディアコラムニストが伝授】良い文章を書く方法

  • ブックマーク
  • -
    コピー

すべての物語は改善可能

 改善できる具体的な部分が無い、というのは嘘でしょう。完成した文章がお粗末な文章であるという意味ではなく、どんな文章でも少しでも磨き上げることができると思います。
 優れた文章は、全体のバランスが取れております。優れた執筆、適切な出版、優れた編集、運です。

タイトルって難しいよね……

 人を惹きつけるタイトルとサブタイトルを考え出すのは、非常に難しい。

タイトルを考えるのに何日もかかる人もいるぐらいです…

 タイトルは、キャッチーで、パッと見て有益だとわかり、そして、ストーリーの内容にマッチしている必要があります。 もしクリック数が少ない場合は、タイトルの改善を考える必要があるかと思います。

 やっぱり目が止まる本や記事というのは、インパクトのあるタイトルや、知りたいと思うようなタイトル、独特の世界観のあるものが多いんですよね。

 タイトルから始めるか、文章から始めるか、論争がありますが状況によると思います。タイトルが思いつかないが、文章がもう頭の中で構成されている場合は、先に文章を書いてしまって、しっくりくるタイトルが浮かんだら後からつけるなど色々なパターンがあると思います。

冒頭が大事

 読者に文章を全て読んでもらいためには、最初の数文が本当に重要です。

難しい事ですがとても重要ですね!


読者に衝撃を冒頭に与える必要があります。最初が退屈だと、読まれないか、離脱率が高まってしまうので、小説もジャーナルも、人を惹きつける衝撃を冒頭に設置する意識をしましょう。

テーマを絞る

 トピックが多岐に渡っているときは、読者はなにを読めばいいのかわからなくなってしまいます。
 1つの物語で複雑で感情的なものをいくつも取り上げようとすると、それは読者を旅のあらゆる部分に連れて行こうとしていることであり、その中で読者を惹きつけたままにするには、相当のスキルや知名度が必要です。
 良い記事には必ず1つの主要なテーマがあります。

文章を公開する勇気

 文章を後悔するのはとても勇気がいることです。ですが公開しないとその文章に対する評価は得ることは不可能です。フィードバックも得られなければ、読まれもしないのです。

どんなに自信がなくても文章を公開してください!

他人の文章を分析する

 他の人の文章を批判的に読むことで、自分の文章に同じ種類の誤りが見られるように訓練できます。批判は悪いことではないと思っております。

特に科学は高度の批判によって成り立ち、発展をしているので、批判をするなということは、冒涜に近いはずです。しかし相手をバカにする、根拠のない批判や相手を高めることのできない批判や感情論は、批判ではないのでやめましょう!

まとめ

大事なことはまず文章を書くことです。加えて批判などを恐れずに文章を公開することで良い文章を書くことが出来るようになるでしょう。

  • ブックマーク
  • -
    コピー