卒業生インタビュー 現役フロントエンジニアも通うSUNABACOプログラミングスクール  

  • ブックマーク
  • -
    コピー

こんにちは!

SUNABACO江別スタッフの小野です。

プログラミングスクールというと、一般的にはプログラマーを目指す人
IT業界への就職・転職を目指す人が多いイメージがありませんか?

実は、SUNABACOのプログラミングスクールでは
本業でエンジニアをしている方が通われるケースも珍しくないのです!

なぜ、現場で活躍しているエンジニアの人たちが
わざわざSUNABACOのプログラミングスクールに通うのか?

今回はその謎に迫るべく、
札幌のWEB制作会社でフロントエンジニアをされている
シュンヤさんにインタビューをさせていただきました!

小野

シュンヤさん、よろしくお願いします!

シュンヤさん

はい!緊張してます(笑)

小野

今日はプログラマーから見たSUNABACOについて
色々とお話を伺いたいと思います。

シュンヤさん

よろしくお願いします!

小野

まずは自己紹介をお願いします!

シュンヤさん

僕は札幌にある(株)Gear8という会社で
フロントエンドエンジニアをしています。

インターンシップからの入社で今年で6年になります。

小野

仕事ではどんなプログラミングをされているんですか?

シュンヤさん

WordPressやMovable TypeなどのCMS構築を主に行なっており

HTML&CSS、JavaScriptでWEBページ制作をしています!

BtoBのクライアントや電話で依頼を直接受けることが多いです。

小野

フロントエンジニアとして、これまでどれくらいの数の
プロジェクトを手掛けられてきたんですか?

シュンヤさん

100サイトくらい関わっています。
新規で作る場合もあれば、既存サイトの保守・運用でコード触ったりもしてます!

小野

すごい!けっこうな数ですね。

シュンヤさん

会社のオフィスが海外にも転々とあるので外国語のサイトにも関わることがあります。

ちょうど僕がインターンシップを受ける時とタイ法人設立のタイミングが重なりまして、謎にタイオフィスの社長の家に泊まりながらインターンしてました!
大学4年だったのでほぼ卒論書いてましたが…(笑)

小野

海外インターン!
良い経験をされてますね!

小野

ちなみにプログラミングはその頃からされていたのですか?

シュンヤさん

フロントエンドの知識はそんなに無くて、

北海道情報大学のデザイン化だったのでDTPやディレクションを学んでました!

小野

へぇー!入り口はデザインなんですね!

シュンヤさん

そうなんですよ。

ちゃんと勉強し出したのは今の会社に入社してからです!

小野

フロントエンドエンジニアをされながら、
なぜSUNABACOに通おうと思ったんですか?

シュンヤさん

理由が二つあります。

一つは基礎から学び直したいと思ったからです!

小野

実務でプログラミングをされているのに意外です!

シュンヤさん

これまで基礎をきちんと学んだことがなく、

入社して飛び飛びの知識のまま、実務ベースでプログラミングを学んできたことがずっと気になっていました。

先輩コーダーや外注しているエンジニアさんのコードを見てどんなプログラムが書かれているかはわかるんですけど…

小野

なるほど。確かに基礎があってこその実務ですもんね!

もう一つの理由は何ですか?

シュンヤさん

もう一つはSUNABACOコミュニティが気になっていたからです。

僕はよく札幌のWEB勉強会や東京のCSS Niteに参加しているのですが、ここ2年くらいはコロナでなくなってしまいました。

WEB系のお友達がすごくほしいなと思っていた中で、SUNABACOコミュニティの仲の良さとTwitterでの盛り上がりがずっと気になっていて受講を決めました!

小野

実際にSUNABACOのスクールに参加されてみてどうでしたか?

シュンヤさん

基礎から実務で使えるノウハウまで2ヶ月で網羅されているのがめっちゃよかったです!

僕が知らなかった知識もたくさん学べました。

小野

ありがとうございます!現場でも役に立ちそうですか?

シュンヤさん

めっちゃ役立ちます!!!

WEBの歴史の話とか面白かったですし、CSS設計も勉強になって新鮮でした!

あと最新の技術や今の時代にあったスキルが学べるのもよかったです。

小野

嬉しいです!SUNABACOではノーコードやトレンド技術が学べるイベントなども行っています。

シュンヤさん

ですよね!

会社に属していると社内のルールでコーディングを回さなければいけないこともあったりして閉鎖的な環境だと技術のアップデートがしにくいこともあるんですよね。

新しい知識を得るためにスクールに通ったり、別な会社に入ってみるのもいいかもしれません!

小野

エンジニアとして働き始めても、常に周りが気になるのは変わらないですよね(笑) 

シュンヤさん

本当にそうだと思います!(笑)

特にエンジニア職は一つ技術を覚えても2、3年後には新しい技術が出てきますからね。

学習意欲が高い人はエンジニアは向いてると思いますし、

自主的に勉強できる人じゃないと難しいですね。。。

小野

確かに。エンジニアは自分で学び続ける能力がある人じゃないと難しいですよね!

シュンヤさん

僕も会社終わって家帰ったらNETFLIX見るみたいなことが普通に起こるので(笑)

学習の習慣を身につけるためにSUNABACOのような環境に身を置いて学ぶことは社会人にもおすすめです!

小野

シュンヤさんにとってSUNABACOはどんな場所ですか? 

シュンヤさん

社会人でも学生でも、会社や学校の居心地が悪くなったり、うまくいかないときに、居場所がないと辛いじゃないですか、、、

そういった時にSUNABACOはオフラインでもTwitterの場でもお互い同じ趣味を持った人たちと繋がることができて、落ち着ける場所だと思うんですよね。

プログラミングが学べるということはもちろんですが、

それ以上にSUNABACOコミュニティの人たちと繋がれることだけでも受講料の甲斐があったって思います(笑)

むしろそこにSUNABACOに参加する価値がある気がしています!

小野

ありがとうございます!
私たちの想いが伝わり嬉しいです。

プログラミングスクールではあるけれども、SUNABACOにしか出せない味だと思っています! 

小野

最後にこれからSUNABACOへの参加を検討されている方に

アドバイスをいただけますか?

シュンヤさん

学生さんであれば、学校以外の居場所としておすすめです。

興味があれば形振り構わず通ってみると面白いと思います!

そしてSUNABACOはデザインやアプリなど様々なコースが選べるので、必要な技術をピックアップして身につけたいエンジニアさんにもピッタリです。

最終的には働きたい人と働くみたいなことにも繋がるのかもしれませんが、同じような意識をもった仲間を見つけられることに大きな価値がある場所だと思います!

小野

シュンヤさん、今日はありがとうございました!

7月11日(月)開講! 江別12期生お申込み受付中

SUNABACO江別では現在12期プログラミングスクールのお申込みを受付しております。

土日を除く40日間の講義で、WEBの基礎知識、ホームページ制作、アプリ制作の技術が身につきます。

パソコンが苦手、プログラミング未経験の方でも始められるスクールとなっております。

■開催期間
2022年7月11日(月)–9月2日(金) 平日5日×8週間 計40日

■講義時間
朝コース10時–13時 夜コース19時–22時

■受講料金
¥55,000(税込)

■申込締切
2022年7月8日(金)

詳しくはこちら

  • ブックマーク
  • -
    コピー